WordPress

プラグインBackWPupでWordPress をDropboxへバックアップする方法

ご自分で作りあげてきた大切な WordPress ブログ。

常日頃からバックアップをとっていますか?

先日もクライアントさんから「WordPress のバックアップってどうやるんですか?」

初心者でWordPress ってバックアップって簡単にできる!と言われていますがさっぱり分からないのですが私にもできますか?

というお問い合わせがきました。

今回だけでなく必ずといっていいほど間違いなくお問い合わせが来ます。

今回は初心者でもこの通りにやればOKという記事を残しておこうと思います。

ぜひお試しになられてください。

あくまでも自己責任のもとでお願いします。

WordPress のバックアップとは

ワードプレスの何をバックアップするのでしょう。

簡単に説明します。バックアップは二つで
・データベース上のデータ
・サーバー上のファイルのデータ

です。

簡単に説明します。

データベース上のデータ

データベース上のデータとは、記事だったり、カテゴリ、記事に対していただいたコメントなどのことで比較的データ量は軽いものです。

サーバー上のファイルのデータ

サーバー上のファイルのデータとは、ブログの基となっているWordPress のテーマ、取り込んだ画像、プラグインなど重いデータのことです。

これらをバックアップするためにDropboxを用意しておきます。

Dropbox(ドロップボックス)に無料登録しておきます

Dropbox(ドロップボックス)とは、オンラインストレージという、ネット上に書類や写真を上げておくことで誰でも共有することができるサービスのことで無料でご利用いただけます。(有料のパッケージもあり)

バックアップはDropbox内に保存するためです。

まずはDropbox(ドロップボックス)をお持ちでない方は下記バナーから無料登録お願いします。↓


登録が終わったら下記のようなログインした状態にしておきます。

 

Dropboxログイン状態のホーム画面


この画面をそのままにしておきます。閉じないでくださいね。

プラグインのBackWPupをインストールします

Dropboxを開いたままで別の新しいタブを使ってWordPress の管理画面を開きましょう。

BackWPup インストール


キーワード入力欄に「BackWPup」と入力するとプラグインが表示されます。
上記と同じものをインストールしましょう。

 

有効化します


有効化をクリックします。これでインストールは完了です。

BackWPupの設定

難しいように感じるかもしれませんが簡単ですから落ち着いていきましょう。

ファイルのバックアップ設定


左メニューから「BackWPup」から「新規ジョブを追加」に進みます。

 

2:一般の設定


上部メニューから「一般」の設定を行います。真似てくださいね。
・このジョブの名前:「file backup」を貼りつけます。
・ジョブタスク:二番目の「ファイルのバックアップ」だけにチェックを付けます。
・アーカイブ名:「file_backup_〇〇〇〇_」・・(私の場合daichan)を先頭部分に貼りつけます。
・アーカイブ形式:「Zip」にチェック
・バックアップファイルの保存方法:「フォルダーへバックアップ」と「Dropboxにバックアップ」にチェックを付けます。
・ログの送信先メールアドレス:そのままでOKです。
・メールの送信元:そのままでOKです。
・エラー:チェックを付けます。

保存ボタンをクリックで次へ進みます。

 

3:スケジュールの設定


上部メニューの「スケジュール」を開きます。
・ジョブの開始方法:「WordPress のcron」にチェックを付けます。
・スケジューラーの種類:「基本」にチェック。
・スケジューラー:「毎週」を選択し時間はそのままでOK。
保存をクリックで次に進みます。

 

4:ファイル設定


ファイル設定はこのままでOKです。

 

5:宛先:フォルダーの設定


宛先:フォルダの設定は
・バックアップを格納するフォルダー:「uploads/file-backup/」を貼りつけます。
・ファイルを削除:「15」でOKです。
保存をクリックして完了です。

Dropboxとの連携

ここからはDropboxとの連携です。

6:宛先:Dropboxの設定


上部メニューの「宛先:Dropbox」を開きます。
当初は、
認証:認証されていません!
Dropboxのアプリへのアクセス:「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックします。

 

7:Dropboxのアプリへのアクセス許可


このような画面が表示されると思います。
「許可」をクリックしましょう。

 

8:認証コード


「認証コード」が表示されるのでコピーします。

 

9:認証コード貼りつけ。


コピーした「認証コード」を貼りつけます。

 

10:バックアップ設定


認証コードを張り付けましたら、バックアップ設定の項目で
・保存先フォルダー:「/〇〇○○/」私の場合ブログアドレスのdaichan。前後に/で入力します。
・ファイルを削除:「15」でOKです。
最後に保存で完了です。

 

11:認証済みの確認


認証が「認証済み!」に変わっていることを確認しておきましょう。

Dropboxのアプリにバックアップフォルダーができていると思います。

12:Dropboxへ移動


Dropboxの中のアプリに「バックアップフォルダー」ができているので確認しておきましょう。通常この中にバックアップされていきます。

ここまでが「ファイルのバックアップ」です。

引き続き、データーのバックアップ方法です。基本的に今までの方法と同じです。

データーベースのバックアップ

ここからはデーターベースのバックアップ設定を行います。基本的には先ほどと同じように進めてまいります。

1:新規ジョブを追加


WordPress の管理画面メニューから「BackWPup」内の「新規ジョブを追加」へと進みます。

 

2:一般の設定


上部メニューの「一般」を開きます。
・このジョブの名前:「datebase backup」と入力します。
・このジョブは:「データベースのバックアップ」と「インストール済みプラグイン一覧」にチェックを入れます。
・アーカイブ名:「datebase backup_○○○○_」私の場合はブログアドレスのdaichanとしました。同じように真似てくださいね。
・アーカイブ形式:「Zip」と「Dropboxにバックアップ」にチェックを入れます。
・ログの送信先メールアドレス:このままでOKです。
・メールの送信元:このままでOKです。
・エラー:チェックを入れます。
保存をクリックして次に進みましょう。

 

3:スケジュールの設定


上部メニューから「スケジュール」を開きます。
・ジョブの開始方法:「WordPress のcron」にチェックを入れます。
・スケジューラーの種類:「基本」にチェックを入れます。
・スケジューラー:「毎日」で時間はそのままでOKです。
保存をクリックしましょう。

 

4:DBバックアップの設定


上部メニューの「DBバックアップ」を開きましょう。
・バックアップするテーブル:全ての項目にチェックを入れましょう。
・バックアップファイル名:このままでOKです。
・バックアップファイルの圧縮:「GZip」にチェックを入れます。
保存をクリックで次に進めましょう。

 

5:プラグインの設定


上部メニューの「プラグイン」を開きましょう。
このままでOKです。

 

6:宛先:フォルダーの設定


上部メニューから「宛先:フォルダー」を開きましょう。
・バックアップファイルを格納するフォルダー:「uploads/datebase-backup/」をコピペで貼りつけましょう。
・ファイルを削除:「30」と入力。(30日という意味)
保存をクリックで次へ

Dropboxとの連携

ここからはDropboxとの連携です。先ほどと同じように進めます。

7:宛先:Dropboxの設定


上部メニューの「宛先:Dropbox」を開きましょう。
・認証:認証されていません!
・Dropboxのアプリへのアクセス:「Dropboxのアプリ認証コードを取得」をクリックしましょう。

 

8:Dropboxへのアクセス許可


「許可」をクリックしましょう。

 

9:認証コード


認証コードをコピーします。

 

10:認証コードを貼りつけ


・Dropboxのアプリへのアクセス:認証コードを貼りつけます。

 

11:バックアップ設定


・保存先フォルダー:「/○○○○/」私の場合、ブログアドレスdaichanと入力。同じように真似てください。
・ファイルを削除:「30」と入力。
保存をクリックで次に。

 

12:宛先:Dropbox設定


・認証:認証済みになっているか確認しておきます。

おっちゃん
おっちゃん

以上で設定は完了です。お疲れ様でした。
これで自動的にバックアップされていきます。

以下は手動でバックアップする方法です。緊急時などでお使いください。 

 

BackWPupを手動でバックアップする方法

ここからは手動でバックアップする方法をご説明していきます。

おっちゃん
おっちゃん
今すぐバックアップが必要なときにお使いいただけます。

試験的に手動でバックアップしてみましょう。

 

1:WordPress の管理画面から行います


WordPress の管理画面のメニューから「BackWPup」から「ジョブ」へと進みます。

 

2:二つのファイル


設定した二つのファイル場所です。

 

3:ジョブを実行


ジョブ名の上にマウスを載せ「今すぐ実行」をクリックします。

 

4:実行中






100%まで終えたらバックアップ完了です。

パソコンにバックアップしたファイルをダウンロード

おっちゃん
おっちゃん
せっかくですからバックアップしたファイルをパソコンへ即ちローカルへダウンロードする方法です。

5:パソコンへダウンロード


ジョブを開くと一番右側に「ダウンロード」ボタンがあるのでクリックしましょう。

 

6:ダウンロード


ファイルに「ダウンロード」ボタンがあるのでクリック!

Dropboxの中を確認してみます

7:Dropbox上


バックアップしたファイルが保存されていることがわかりますね。

 

8:Dropboxからもダウンロード


ファイル名の右にある「・・・」をクリックすると「ダウンロード」があるのでこちらからもダウンロードすることができます。

最後に・・・まとめ

難しいことはないのですが、初心者の方には少々ハードルが高いかもしれませんね。

ただ、落ち着いてやれば誰でもできることです。

焦らずゆっくり設定していきましょう。

ご自身の大事なWordPress ですからね。消失、或は不具合等で困った時のことを考えればバックアップは必要です。

少々難しくともバックアップは経験しておくことをおススメします。

なお、ご利用のサーバー会社によってはWordPress を自動でバックアップしてくれる機能を備えたところもあります。

サーバー会社に確認しておくことも必要でしょう。

長い時間お付き合いいただきありがとうございました。