WordPress

JINの標準装備「シンタックス・ハイライター」を使うのでプラグインCrayon Syntax Highlighterを削除してみた

WordPressを利用していると便利すぎて拡張機能プラグインを欲しいがままに入れてしまう傾向にあります。

プラグインを入れすぎるとプラグイン同士の相性によってはデザインが崩れたり、表示されなかったりする場合があります。

また表示速度に時間がかかったりとSEOに影響を及ぼすこともあるので極力少ないほうが良いと思っています。

このブログはWordPressの有料テーマ「JIN」を利用していますが、このテーマを選んだ理由のひとつでもあります。

以前のテーマの時のプラグインをそのまま利用していたので現在減らす作業をしています。

と、いうようなことで今回記事中に「ソースコード」を表示させることができるプラグイン「Crayon Syntax Highlighter」を削除し、JINに標準装備されている「シンタックス・ハイライター」を使うことにしました。

JINに標準装備されている「シンタックス・ハイライター」の使い方

今までは、「Crayon Syntax Highlighter」を使ってソースを表示させるとこのような感じでした。(デザインはたくさんあります)このプラグインは比較的重いんですね。

JINのシンタックスハイライターを使うと下記のように表示されます。右上にはコピーしてもらえるように Copy の表示も出るのでこれで十分ですね。

ということでプラグインを1個減らすことができます。

JINのシンタックスハイライターを設定しましょう

▼ WordPress管理画面あ 外観 ➡ カスタマイズ へ移動し、 その他の設定 をクリックします。

▼ コードのシンタックスハイライターを利用する にチェックを入れます。準備はこれだけです。

記事編集方法

▼ 投稿の編集 へ移動します。

編集アイコンとして赤枠のような コードサンプルを挿入/編集 が追加されていることを確認しましょう。

▼ コードサンプルを挿入/編集 をクリックするとポップアップで挿入編集画面が表示されます。

▼ 言語を選択 後、ソースコードを記入し、右下のOKを押して完了です。

▼ 記事中に表示されます。

▼実際にサイトをプレビューしてみると綺麗に表示されています。マウスオンするとCopyが表示されコピーできるようになりました。

最後に・・まとめ

WordPress有料テーマ「JIN」は標準装備されている機能がたくさんあります。したがってプラグインは最低限の数で運営が可能です。

プラグインは量、質で表示速度が遅かったり干渉しあったりしますので注意が必要です。

今回、プラグインを1個減らすことができました。

WordPressの有料テーマ、TCD「MAG」からひつじさんの「JIN」に変更したその理由とはこのブログは11月2日までは、WordPressのテーマ(テンプレート)デザインプラス社のTCDシリーズ「MAG」で運営していました。 ...

次回は、SEO関連でも人気の「All in One SEO Pack 」を削除したいと思います。これもJINには初心者にも易しいような作りになっているので必要がありません。

ではでは~次回また。