WordPress

JINのSEO関連の標準装備を使うのでプラグインAll In One SEO Packを削除してみた

WordPressを利用していると便利すぎて拡張機能プラグインを欲しいがままに入れてしまう傾向にあります。

プラグインを入れすぎるとプラグイン同士の相性によってはデザインが崩れたり、表示されなかったりする場合があります。

また表示速度に時間がかかったりとSEOに影響を及ぼすこともあるので極力少ないほうが良いと思っています。

はじめに

このブログはWordPressの有料テーマ「JIN」を利用していますが、このテーマを選んだ理由のひとつでもあります。

以前のテーマの時のプラグインをそのまま利用していたので現在減らす作業をしています。

と、いうようなことで今回SEOに関連するプラグインの中でも人気の「All In One SEO Pack」を削除することにしました。

All In One SEO Packの設定は、WordPress初心者には少々ハードルが高く、「意味が解らなくとも真似して設定してください」などと紹介されているレビューを見かけます。

JINに搭載されている機能で解決できるのでやってみました。

JINに標準装備されているSEO

JINのマニュアルを読みますと「All In One SEO Pack」は非推奨プラグインになっています。

理由は、もともと不具合を生みやすいとのこと。ということで私も真似をすることにしました。

JINの設定はマニュアル通りに設定したほうが良い

少々WordPressを利用したことのある方はマニュアルを読み飛ばして設定するのいいですが、作成者の意図から外れてしまうことも多々あるのでマニュアルを一通り読まれることをオススメします。

次からはSEO関連の設定です。

基本設定の中にサイトタイトル、サブタイトル、ディスクリプションの設定があります

JINのインストールが終わったら基本設定から行います。詳細はここでは書きませんがマニュアルをご覧いただきたい。図解入りで詳細に書かれています。

・サイトタイトルを設定
・サブタイトルを設定
・ディスクリプションを設定

マニュアル 基本設定

簡単に説明すること以下

▼ 外観 ➡ カスタマイズ ➡ サイト基本設定 へと進み赤枠の4項目を入力します。

ひとまずこれで完了。

HTMLタグ設定とSEO設定

▼設定場所は、 ダッシュボード の項目欄にある HTMLタグ設定 と SEO設定 の2つ。

それぞれについての解説

JINの場合のSearch ConsoleタグとGoogle Analyticsタグの貼り付けは

初心者にとってハードルが高いのはこの部分。タグの取得はできたもののどこに貼り付けていいのか?「テーマの編集に触れるのは怖い!」と思っている人は多い。
間違って貼っても直せるので安心して貼り付けてほしい。

▼ HTMLタグ設定 をクリックしてみよう。

ここではSearch ConsoleタグGoogle Analyticsタグを貼り付けます。

 【head内】 にSearch Console(サーチコンソール)タグを貼り付けます。

 ➡ Search Consoleが解らないという方はこちらのサイトで。

 【head内】 には Google Analytics(グーグルアナリティクス)トラッキングコードを貼り付けます。

 ➡ Google Analyticsが解らないという方はこちらのサイトで。

貼り付けたら、「変更を保存」しよう。間違ったら貼り直しもう一度保存しよう。

「タグページ」や「カテゴリーページ」を一括でnoindexすることができるSEO設定

最後に、このブログのように日記記事などで少々くだらない記事(カテゴリ)などでindexしたくない場合には、 noindex にすることができます。

特にタグはどんどん増えていく傾向にあるので注意が必要です。なるべくまとめた方が読者様にも分かりやすいかと思うのですが・・

いちいち自分で設定コードを考える必要もありません。

最後に・・まとめ

今回は使い方を説明したくてアップしたのではありません。使い方はマニュアルを御覧いただきたい。

JINにはこのようにSEOについて標準装備されているのでわざわざ「All In One SEO Pack」を使う必要がないということ。

WordPress有料テーマ「JIN」は標準装備されている機能がたくさんあります。したがってプラグインは最低限の数で運営が可能です。

プラグインは量、質で表示速度が遅かったり干渉しあったりしますので注意が必要です。

今回またプラグインを1個減らすことができました。

WordPressの有料テーマ、TCD「MAG」からひつじさんの「JIN」に変更したその理由とはこのブログは11月2日までは、WordPressのテーマ(テンプレート)デザインプラス社のTCDシリーズ「MAG」で運営していました。 ...

ではでは~次回また。